『一つではひもじかろう』ともう一つ林檎供えて祖母が呟く

#無情 #死 #りんご #実際は和菓子 #フィクションです

よい歌はみんなで広めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
みろく

小夏さん
林檎に変えたのはここのみんなのうた会の詠題『りんご』ありきなのです、恥ずかしい///

みろく

はばたいて鳥は消えるさん
和歌の下地がある方の歌の美しさはよく感じます
一方和歌の素養が自然に身につくことがほぼない現代日本語だとハードルがとても高くて
それしかできないので小学校の国語程度のわかりやすい日本語で教科書体のフォントのような歌を詠んでいくのだろうなあとおもいつつぼちぼちやってみます(笑)

小夏

先日は偉そうに長々とコメントしていまいましたのに、好意的に受け止めてくださりありがとうございました。
詩情について考えたこともないのですが、和菓子をりんごになさったり情報を取捨選択なさったりしているところに創造性があって、ある意味詩的とも思われますし、31字に凝縮されているからこその良さもあると思います。(普通のコーヒーもおいしいけどエスプレッソもいいよねみたいな…?)
この歌どちらもすごく好きなので、「映画のワンシーンみたいな歌」が生まれたら、また投稿していただけると嬉しいです。

はばたいて鳥は消える

鮮やかな比喩や珍味的な語句は現代の風潮でもありますよね。けれどそれらが輝いて見えるのは一方で古今和歌集や万葉集など近代以前の古き良き和歌をリスペクトする心をもしっかりと持っているからではないでしょうか。初登頂を目指す登山家はきっと、がむしゃらではありながらも、それなりに苦悩し、自らを必死で鼓舞し、頂上を夢見て、一歩一歩必死で前に進むのではないですか?無い物ねだりも新たな自分を発見する為の第一歩だと考えられれば素敵ですよね(^^)

みろく

歌人の歌集もまだ読んだことのない
ここだけしか知らない短歌歴3ヶ月なのでもうちょっと勉強したら変わってくるのかしら

みろく

なんとなくですけど、鮮やかな比喩・珍味的な語句を、初登頂を目指す登山家のように追い求めるのが今の短歌なのだなって思ってて、実際そういうお歌がとても新鮮で好きな自分がいて無い物ねだりでそういう歌詠めたらなあって思うこと多々あります(笑)

はばたいて鳥は消える

定型詩と散文詩という区切りで考えるのであれば、この歌はやはりエッセイやちょっといい話とは違うと考えても良いのではないでしょうか?自然に触れ、生活の場で、また社会の流れの中にあって、人間の心の在り様を表現した抒情歌はれっきとした近代短歌だと思います。この歌も「家族詠」もしくは「挽歌・鎮魂歌」と捉えても間違いではないのではないでしょうか。私は短歌の良さは自由な発想を楽しめるところだと思っています。それが一瞬の情景や感情を切り取った様なものだとしても、韻を踏み、その歌自身が輝き、読み手の心を動かせたのだとしたら、それは立派な短歌だと思います(^^)

みろく

はばたいて鳥は消えるさんコメントありがとうございます
私もこういう映画のワンシーンみたいな歌好きなんですけど
短歌が詩のジャンルに含まれるものだとしたらこのような歌って詩情がないのかなあって最近よく思います
エッセイやそれこそtwitterのちょっといい話でやればいいじゃんなんてね(笑)

はばたいて鳥は消える

こんばんは(^^)
どちらも素敵な歌ですが、シンプルに纏められた方が想像力を掻き立てられ、逆に深い歌に仕上がっていると思いました。
優しかったお祖母様から“母の業”を感じ取ってしまったみろくさんの「見てはいけないものを見てしまった」という様なザワザワとした複雑な心境が想像出来ます。
一瞬にして情景が鮮やかに浮かぶ歌や想像力を掻き立てられる歌がとても好きです。

みろく

小夏さんコメントありがとうございます
子供から見た祖母はばあちゃんであり”母”というものと結びつかなかったが母の”業”?のようなものを見せつけられたというのがもともとの歌のモチーフでしたが、祖母、父、母という親子関係の語がゴチャゴチャしてるなあって思って、亡き人の腹具合まで気遣う人に焦点を当ててシンプルにしました。
歌の詳細な評価頂いたの初めてでとてもうれしいです。

小夏

投稿なさった方の作品は多くの人がお祖父様を思い浮かべるのではないかと思います。りんごが出てくる方が情景としてみずみずしく色もあってきれいな気がしますが、子に先立たれたお祖母様の悲しみを表現なさりたいなら、コメント欄の歌の方が適しているかと思います。
私もどちらもすごく好きです。

みろく

某一郎さんおはようございます!
ありがとう!ʕ •́؈•̀ ₎☀

広一郎

相手が父でも祖父でも感動する!(オレ何様〜(^_-)

みろく

『一つではひもじかろう』ともう一つ父に供える祖母も母なり

っていうのと迷ってこっちにした
(自分メモ)

ログイン or 新規登録 して
"よいね!”をしよう。

みろく

やまねでもある かたたたきがうまく言えません    歌を読むほうが好きです 遡って最初のお歌から全部読みたいのでよいねをたくさん押してしまう事があり... もっと見る

うたよみんをフォローして人気の歌を知ろう。
人気のうた
フォローして人気の歌を知ろう。
スマホでも歌をよむ。
Apple store 4756e6806f8f0b8e93de9791dffed05bf5421dad0b98c71527a0b2b811bf19ff Google play 773babe3819da55c8bf4b1852d85262137706f9f950cffedb967abf28154e698
Smart